読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまうまin東京 フレディ京子の食にまつわる話

大好きな「食べること」を中心に食事処(主に東京)、お菓子について録します

日本橋高島屋 「ディンタイフォン(中華)&叶匠壽庵(和菓子 イートイン)」 気軽に使えます。

こんにちは、食べるの大好きフレディ京子です。

 

今回の記事では日本橋高島屋でのお食事処を2つまとめてご紹介します。

なんだかんだでリピートしてしまうお店です。

 

詳細は つづきを読む からご覧ください。

 

 *お店のHP 日本橋高島屋ディンタイフォン(鼎泰豐)

             「茶房 叶 匠壽庵

 

初めに申しあげておきますと、

今回2店とも、<価格面が気になるなぁ…>ということで、

おすすめ度を「Good(ちょっと気になることあり)」とさせていただきました。 

 

【おすすめ度】

 ○Good よかった^^(ちょっと気になることあり)

※判断基準※

 ◎Fantastic! ぜひおすすめしたい(言うことない!素敵!)

 ○Good よかった^^(ちょっと気になることあり)

 △ありかな(いくつか気になることあり)

 ×もういきたくない(行かなきゃよかった)

一般庶民ですので、[支払う金額に見合うかどうか(コストパフォーマンス)]、[人に勧められるかどうか]で勝手に良し悪しを判断しています。このブログは完全に個人の主観です。「私はそうは思わない」「そう感じるのはおかしい」などあるかもしれませんが、あくまでご参考までにご覧頂ければ幸いです。

 

 

 

 

1.ディンタイフォン


【お店に行った時期】

たまたま平日にでかけることがあり、ランチで利用しました。

 


【お店について】

「世界の10大レストラン」に選ばれた小籠包(ショウロンポウ)  が食べられるお店です。

 

 

お店のオープンは11:00から。17:00までランチセットが頼めるそうな。

ランチタイムが長めでいいですね。

 

これまで数回、平日のランチタイムに訪れてますが、

ひどいと店内に空席があってもまあまあ外で待つ(お客さんを店内にいれても回せないのかも?orオペレーションの問題)

こともあり、

時間が限られる日に行くには難しいかもしれません。

ランチ以降の予定に融通が利く場合の利用がおすすめです!

 

日本橋店ランチメニューのご紹介 | ディンタイフォン(鼎泰豐)

 

 

 

 【食事メニュー&コスト】

ランチメニューは下記の通り( 公式サイトより 2017.3.27現在)

すべてに小龍包4こがついてきます。

———————————————————————–
・えび麺セット 1,772円
・ずわい蟹入りチャーハンセット 1,880円
・海老入りチャーハンセット 1,664円
・サンラータン麺セット 1,556円
牛肉麺セット 1,750円

———————————————————————–

 

↑でお分かりかと思いますが、

自分含め、一般庶民の雇われの身が毎日のように通えるようなランチ価格ではないかと思われます…(*_*;

一般庶民で自分の財布からお金を出すときには、利用することを躊躇するお店です。笑 

 

髙島屋を一歩出れば、

東京駅八重洲口なんて1,000円以下でおなかいっぱいになるランチばかり/ランチ激戦区ですし、

そもそも価格の安さを求めるのであれば、デパートの中のレストランは見てはいけないですよね。笑

 

 

 

[お徳用」 小籠包(ショウロンポウ)30個入 【満月廬】

[お徳用」 小籠包(ショウロンポウ)30個入 【満月廬】

 

 

 

さて本題、こちらは牛肉麺セット!

ぼりゅーみー♪ 一緒に行った母はエビ入りチャーハンを注文しました。

f:id:Freddie-kyoko:20160407102622j:plain

 

牛肉麺の味は見た目の色ほど濃くなく、

肉好きの私としてはペロリでした。

しかしながら小柄な女性、小食な女性からすると量が多くて大変かもしれません^^;

 

肝心の小龍包は、

中からスープがあふれてくるので、れんげにのせてスープを飲みつつ本体をいただきます。

小龍包で有名なお店なだけあって、私が言うまでもなく、

もちろんおいしかったです!

(でも逆にいうとおいしくない小龍包って食べたことがない…)

 

 
【他のお客様方】

ざっくりですが客層は

・外回りっぽい一人ランチ女性(時間の融通が利きそう)

・サラリーマンのおじ様(単独orグループ)

が半分、

・毎日が休日のシニア層 が半分

 

という感じでしょうか。

 

店内はがやがやしてますが、中華系のレストランで、超高級店ということでもないので妥当だと思います。

 

 

ディンタイフォンでおなかいっぱい…

かと思いきや・・・!

 

2. 味処 茶房 叶匠壽庵

 

時間にゆとりもあり、デザートが食べたくなったとお連様がいうので

地下1階の叶匠壽庵 イートインスペースでデザート食べました^^

 

 

f:id:Freddie-kyoko:20160407102700j:plain

 黒ゴマアイスがのった和パフェ

 

f:id:Freddie-kyoko:20160407102734j:plain

御抹茶と栗むし羊羹セット

 

値段は忘れましたがどちらも1,000円前後だったと思われます。

 

ちょっとした休憩に使えること、

気づいていない人が多いのか、すぐに座れることが多く穴場だと思います。

 

 

(余談)

今年に入ってから売り子さんに聞いた話ですが、

栗は外国産だそうです。(外国のどこの国かは、売り子さんではわからないそうでした。)

中国産の食材をできる限りシャットアウトしたいと考えている我が家としては

叶匠壽庵でも国産栗は使っていないということにショックを受けつつ、

名が通る老舗だとしても気になったら食材の産地を尋ねようと感じるばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

トリコガイド 台湾 2017-2018 (エイムック)

トリコガイド 台湾 2017-2018 (エイムック)